HOME 牧師メッセージ
 

主日礼拝
「キリストにとどまれ」 2018年1月7日

 松下 信 牧師
ヨハネの福音書 15章1節-5節
Ⅰ.枝を取り除き、剪定される主
 イエスさまは1節から5節の中で、二つのたとえを紹介しておられます。
1節はわたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫である」と言われ、5節では
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝である」と語られています。 1節では父なる神とイエ
ス・キリストとの関係が語られ、5節ではイエス・キリストと私たちキリスト者との関係が語られてい
ます。 ぶどうの木は実を結ぶために栽培されています。ですから実を結ばない枝であるキリスト
者は取り除かれます。 また実を結ぶ枝であるキリスト者は、もっと多くの実を結ぶために、剪定さ
れます(2節)。 これらのことを聞くと、私は取り除かれないだろうか、刈り込まれないだろうかと心
配になるのではないでしょうか。 心配しないでください。 イエスさまは、私たちキリスト者は、すで
にきよめられているから大丈夫だと太鼓判を押してくださいました(3節)。

Ⅱ.「わたしにとどまれ」と命じられるキリスト  
 イエスさまは「わたしにとどまりなさい。」(4節)と言われました。 これは主の命令であって強制
力を伴うものです。 なぜなら、ぶどうの木から切り離された枝は、死んでしまいます。 ぶどうの木
に繋がっていなければ枝にいのちはありません。 実を結ぶこともできないのです。 同じように私
たちキリスト者もイエスさまに繋がっていないなら、霊的に実を結ぶことができないのです。
霊的な意味において、実を結ぶとは何を意味しているのでしょうか。

Ⅲ.実を結ぶためにキリストにとどまれ  
 霊的に実を結ぶとは、みことばを引用するならガラテヤ人への手紙5章22節、23節が相応し
いのではないでしょうか。
御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。 このようなもの
を禁ずる律法はありません。
」(ガラテヤ5:22-23) 霊的に実を結ぶとは、直接的にはみことば
を宣べ伝えて新しい魂を獲得することです。 さらに多くの間接的な奉仕が関わっています。 祈る
こと、ささげること、食事を作ってもてなしたり、礼拝のために環境を整えたり、さまざまな奉仕が
魂の救いに伴ってなされているということです。 イエスさまを愛している人々は、何らかの奉仕を
通して実を結ぶ働きに参加しているのです。 さらにイエスさまは言われました。 「同様にあなた
がたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません
。」 (4節後半) 私たちは
一人だけで生きていけると考えることがあります。 しかし、どんなに有能で、知恵と力に満ちてい
る人であっても、自分一人の力だけでは、決して生きることはできません。 いのちの源はイエス
さまです。

【 結 論 】
 聖書はキリストにとどまるなら、そこには豊かな祝福、「いのち」ある世界があなたに約束されて
います。 神の国において、愛と希望と平安に満ち溢れた、喜びの人生があなたのものとされるの
です。 「わたしにとどまりなさい」とイエスさまは繰り返し命じています。
ページトップへ