HOME 牧師メッセージ
 
主日礼拝

(第2アドベント)
「神の賜物は永遠のいのち」 2019年12月8日

 松下 信 牧師
ローマ人への手紙 6章15~23節
1.目指すゴールは「永遠のいのち」  
 使徒パウロはローマにあるキリストの教会に手紙を送り、「永遠のいのち」について語
りました。この6章は「教会(キリスト者たち)は、罪に対して死んだ者であり、キリストと
ともに復活し、今生きている者である」と教えています。さらに、教会は、今、義の奴隷
であり、目指すゴールは 「永遠のいのち」 であると教えています。

2.「永遠のいのち」とは何か
 イエスさまは、「永遠のいのちとは、唯一のまことの神であるあなたと、あなたが遣わさ
れたイエス・キリストを知ることです。」(ヨハネ17:3)と語られました。イエスさまは最後
の晩餐の席上、「時が来ました」 と父なる神に祈られました。 十字架の上でご自身をさ
さげ、ご自身の栄光を現す時が来たのです。 イエスさまは 「父よ。あなたの栄光を現す
ために、子の栄光を現してください」 と祈りをささげられました。
 イエスさまは全人類の救いのために働き、地上で父なる神の栄光を現されましたが、
今度は子の栄光を現して欲しいと願い求めました。 かつて父と子が一緒に現わされた
栄光をもう一度です。 「永遠のいのち」とは、父なる神と御子を信じ、知り、経験すること
です。 つまり、神の奴隷となり、神に喜んで従う者だけに与えられる恵みなのです。

3.「永遠のいのち」とは
 地上の祝福および天上の祝福である 私たちは目に見えない恵みはなかなか信じるこ
とができません。 そこで、目に見える形で神の祝福を確認いたしましょう。 神の御声に
聞き従う民が経験する恵みは、申命記28章1-14節のみことばによって知ることがで
きます。 イスラエルが約束の地に入る前に、モーセが荒野で語った神のことばです。
 神に聞き従う民に与えられる祝福の約束がここにあります。 その祝福とは生活のす
べてに及んでいます。 家族の健康と繁栄、事業の成功や戦いでの勝利、さらに豊かさ
や聖さが保証されることです。 人々からの信頼を勝ち取り、地位も向上し、栄誉がもた
らされることです。 神を信じ、神に従う人々に与えられる祝福は、本当にすばらしいもの
です。  まして天上での祝福は、ことばに言い表すことができません。 神の国は、父な
る神と子羊が王として新しく支配し、君臨する光の国であることが聖書の中で教えられて
います。神の国には愛と平和、喜びと希望、自由と平等があり、そこには、いのちの書
に名が記されている者だけが入れます。「永遠のいのち」を持つ者は、神の国において
神と子羊を礼拝し、永遠に神の栄光を現すのです。

【 結 論 】  
 この待降節において、私たちが勝利しなければならないのは、「永遠のいのち」 の獲
得です。 私たちが生きる目的と人生のゴールを知らないで、どうして、救い主のご降誕
を喜ぶことができるでしょうか。 キリストは、私たちに 「永遠のいのち」 を授けるために
、天から下って来られたお方です。 このお方を救い主と信じて 「永遠のいのち」 を自分
のものとし、それをしっかり保ち続けていただきたいと願います。
 「罪の報酬は死です。 しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある
  永遠のいのちです。」 
   (ローマ人への手紙6:23)
ページトップへ