HOME 礼拝と集会 行事予定 牧師メッセージ 教会の歩み 光の子会 教会学校 12ステップ グローリー リンク アクセス

教会ニュース 発行 2019年 2月

プライバシー保護のため個人名は略記号で表示する場合があります。   文字のサイズは (中)を基本にしています。

 
  新年礼拝  2019年1月1日(火)
 新しい年があけた2019年1月1日の礼拝堂は、講壇には松、葉ぼたん、えんじと黄色の大きな菊、千両など豪華なお正月のお花が活けられ、和服姿の方も見え、改まった雰囲気のなか、あちらこちらで新年の挨拶がかわされていました。 松下牧師の宣教は、信仰の創始者完成者である 「イエスから目を離すな」(ヘブル書12:2)、私たちの目指すべきゴールはイエスご自身、聖書の価値観、イエスの生き方。 「自分ラスト」 という言葉が心に残りました。 2日前に1年最後の主日礼拝をささげ、松下牧師より「あなたの信仰は」(ルカ17:11~19)感謝と喜びの信仰であるか?と問われ、救われたとはいえまだまだ途上であるとの自覚を促されたばかり。 新年の目標となるみことばをいただきました。 礼拝後、階下ではおぜんざいが振る舞われ歓談が続きました。

  成人祝福式 1月6日(日)
 1月6日(日)、今年最初の主日礼拝の中で成人祝福式が行われました。 今年成人するのは、 N・M姉とU・Aさんのお二人です。 M姉に着付けして頂いたという着物姿の美しいN・M姉、スーツをピシッと着こなしたU・Aさん。 挨拶では礼拝中に騒いで外に出されたのが昨日のことのようですと、U・Aさん。 教会の皆さまに愛されて育つことができましたとN・M姉、それぞれの感謝の気持ちを語って下さいました。 幼い頃からともに過ごしてきた方々の成長した姿を見させていただくこともまた、豊かな恵みであると感じました。

  婦人新年会  1月12日(土)
 1月12日(土)午後12時半からシオン館において婦人会の新年会が行われました。 出前のお寿司やご持参のお菓子、みかん、お漬物などごちそうがいっぱい。 普段台所仕事に忙しいご婦人方、特にお正月はお料理や接待に追われる中、家庭を離れて美味しいものがいただける幸いを感じるひとときです。 S・A姉の司会で一人ずつ近況報告や一年の抱負などを語り、恒例の祈りのカードを交換 (祈ってほしいことを書いたカードをひいて一人が一人、一年間覚えて祈ります) して終わりました。 13人が参加しました。

  講壇交換  1月13日(日)
 1月13日(日)の主日礼拝宣教は港北聖書バプテスト教会の高田春義師がご奉仕くださいました。 松下信牧師は港北聖書バプテスト教会で宣教をされる講壇交換、恵みは18年続いています。 今回の聖書箇所も創世記より 18:16~33「十人いれば・・・」。 アブラハムのとりなしの根拠は何か?アブラハムは創世記12:1のアブラハム契約をもって、この世と決別し全世界の祝福に密接に関わる者とされた。 人が罪の中に死ぬことを喜ばれない神の御意思を聞き神の友とされたアブラハムは、しつこいほどにとりなしをした。 神はこの十人にこの世を委ねた。 この世の生死を握っているのはたった十人の少数者であると説かれました。 とりなしという切り口から罪の贖いの為に十字架に死なれたイエス・キリストへと宣教は続き、神に従順なキリスト者であれと結ばれました。

  コリアンデー  1月20日(日)
 1月20日(日)の礼拝は今月7日に来日し近隣の大学で伝道活動をしている韓国CCCのメンバーと共に礼拝をささげ盧泰哲宣教師が宣教して下さいました。 KCCCのチェ・ソンジュン兄が、大学でCCCを通してイエスキリストに出会う体験をし、自分を心から愛せるようになった喜びをあかししてくださいました。 またメンバー8名で日・韓語による 「花よ」 を賛美してくださいました。
盧宣教師は Ⅱコリント5:17から 「新しい創造物」 と題して、キリストにあって新しくされた者はどのように歩むべきかを教えてくださいました。 心のポジションをイエスに置くこと、イエスの心をもつこと。生活の中でみことばすなわちイエスご自身を愛することを優先しなさいと勧められました。 KCCCのスタッフとしてキム・ウンジ姉 (短期宣教師として当教会で礼拝を共にされていた) も顔を見せてくださり、懐かしい再会でした。

  カレブ会新年会  1月20日(日)
 1月20日の礼拝が終わってからカレブ会メンバーは三々五々シオン館へ移動。 カレブ会だけでなく参加はオープン。 リーダーH兄のお祈りで新年会が始まりました。 昼食のお寿司弁当をいただきながらメンバーの近況報告、初参加のK・Tさんの自己紹介と続き、お名前ビンゴで下の名前を覚え、輪投げゲームをしました。 9本の棒が立つ輪投げは単純な遊びなのになかなか入らず苦戦、時間切れで2回戦で終わりましたがみな童心にかえり盛り上がりました。
T兄が優勝、Kさんが準優勝、T姉が3位、賞品のお菓子のレイを首にかけ記念撮影。
8組の夫婦が揃う予定のところ、残念ながらお一人体調が悪く不参加で15人が集いました。
   ページトップへ