HOME 牧師メッセージ
 
主日礼拝
「初めから聞いたこと」 2018年10月7日

 松下 信 牧師
ヨハネの手紙 第 2章24節~25節
Ⅰ.初めから聞いたことは、いのちのことば
 45年前に初めて聞いた聖書のお話は 「いのちのことば」 でありました。
私は信じて永遠のいのちを受けました。使徒ヨハネがその手紙の冒頭で語っているとおりです。
 「初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、
  すなわち、いのちのことばについて・・・」(Ⅰヨハネ1:1-4)

Ⅱ.初めから聞いたことは、キリストにある 死といのちの恵み  
 イエス・キリストから離れたくなることもあると思います。 信じることができなくなったり、その生活
が窮屈に思えたり、この世が魅力的に見えたりするものです。使徒ヨハネは、私たちが弱い存在
であることを知っていて、今が世の終わりの時であることを明らかにしました。
 なぜなら、終わりの時には反キリスト(キリストに敵対する者)が多く現れるからです。 それはも
ともと教会の中に居て、イエスさまに従っていた人々でした(Ⅰヨハネ2:19)。 反キリストは、本当
は私たちの仲間でなく、イエス・キリストを否定し(Ⅰヨハネ2:22)キリストに敵対する者なのです。
 反キリストとは対照的に、キリスト者は「真理を知っている人たち」であります(Ⅰヨハネ2:21)。
初めから聞いたことは、「いのち」 そのものです。
  ①神は私たちを愛しておられること。 
  ②キリストの死によって私たちの罪は赦されたこと。
  ③キリストはよみがえられ、まことの神であることを証明されたこと。
  ④キリストのうちにあるものは、いのちに満たされていること。・・・なのです。
どうぞ、永遠のいのちのうちにとどまっていてください。

Ⅲ.初めから聞いたことを、自分たちのうちにとどまらせよ  
 人間はうそをつきます。 偽り者です。 しかし神は真実なお方であり、神の御言葉に偽りはありま
せん。 イエスさまは「私が道であり、真理であり、いのちなのです」(ヨハネ14:6)とおっしゃいまし
た。 イエス・キリストの教えの中に、また行いの中に嘘や偽りがあるでしょうか? それを見出すこ
とができるでしょうか? サタン(神に敵対する者)は、終わりの時代にキリスト者を攻撃して彼らを
イエスから切り離そうとしています。 嘘やまやかしを言い、魅力的な世界を垣間見せて、人々を自
分の餌食とし、滅びに導こうと髪を振り乱してキリストに抵抗しているのです。
 牧師が祈るのをやめるように、また罪を犯すように、信徒が牧師を批判するように、信者同士が
いがみ合い仲たがいするように、教会が偽りや憎しみに満ちた悪の巣窟になるようにと策略を練
り攻撃して来るのです。 サタンや反キリスト者たちの誘惑の罠にかかってはなりません。 騙され
てはなりません。 初めから聞いたことを、私たちのうちにしっかりととどまらせて、揺るがされない
ように、キリストにある信仰を保ち続けたいものです。

【 結 論 】
 「だれでも御子を否認する者は、御子を持たず、御子を告白する者は、御父をも持っているので
す。 あなたがたは、初めから聞いたことを、自分たちのうちにとどまらせなさい。
 もし初めから聞いたことがとどまっているなら、あなたがたも御子および御父のうちにとどまるの
です。 それがキリストご自身の私たちにお与えになった約束であって、永遠のいのちです。」
                                     (ヨハネの手紙 第1 2章24~25)
ページトップへ