HOME  牧師メッセージ

「罪のもたらすもの」 2007年2月4日


松下 信 牧師
サムエル記第一2:11−36
エルカナの妻ハンナは子どもに恵まれませんでした。 切実な願いと祈りによって、やっとの
ことで男子を授かったハンナは、約束したとおりに、その子を主におささげしました。
幼子サムエルは忠実に主に仕え、祭司エリに仕えていました。 彼は母ハンナに愛され、祈
られて成長してゆきました。 祝福されたサムエルと両親とは対照的に描かれているのが、
エリの家庭であります。
祭司であるエリの家族の罪に焦点が合わされています。 嘆かわしい息子たちの愚行が描
写されているのであります。 エリの息子たちであるホフニとピネハスも祭司でありました。
しかし、彼らはならず者で主を畏れていませんでした。 ですから、幕屋にいけにえをささげ
に来るイスラエルの人々から、無理矢理にささげものの肉を奪い取って、自分たちの欲望
を満たそうとしていたのであります (12−14節)。


この息子たちに対して、エリは父親としての使命と責任を果たしていませんでした。 父親は
自分の息子たちの罪を糾弾し、彼らを罪から離れさせ悔い改めに導く責任があるのであり
ます。しかし、エリには、わが子さえも真理に導きいれる霊的な指導力がありませんでした。
まして、エリにイスラエルの民を導く霊的な力があろうはずがありません。 このような祭司
のもとでイスラエルの民たちは、惰眠をむさぼる霊的堕落状態に陥ったのであります。  


このことを教会に適用するなら、教会は牧師の霊性によってすべてが決まるということであ
ります。 この時代、いかに霊的指導者を必要とする時代でありましょうか。 今教会は指導
者の霊性が本当の意味で問われています。 そしてどんなにすばらしい信徒であろうとも、
牧師以上に霊的成長を遂げることは難しいのであります。 教会は牧師の霊性が問われて
いるのであります。 エリの息子たちは残念なことに、父親の、そして祭司の忠告に耳を傾
けることはありませんでした。 そして、罪を犯し続けたのであります。 結果として神の人が
告げた神のみこころ (29−30節)は、エリ家にとってとても悲しいものでありました。
この預言どおりに、ホフニとピネハスは死に、その知らせを聞いた祭司エリは仰向けに倒
れて首を折って死にました。この後、エリ家は没落し窮乏生活を強いられ、やがて滅びて
いきました。


【 結 論 】  
主を尊ばない者は何とみじめでありましょうか。 主の前に誠実に歩まない人々は何と悲し
いことでしょうか。 あなたは主にあって祝福をいただきたいと思いませんか?  
どうしたら、主からの祝福をいただけるのでしょうか? 
主を畏れることです。主を信じることです。そして主に従うことであります。
  「罪から来る報酬は死です。
   しかし、神のくださる賜物は私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです」 
                                          (ローマ6:23)


ページTOPへ