HOME  牧師メッセージ

「光の子どもらしく」 2007年3月4日


松下 信 牧師
エペソ人への手紙5:1−14 
1.暗闇そのもの
 異邦人と呼ばれている小アジアに住むキリスト者たちは、もともと「暗闇」でありました。
パウロは「あなたがたは暗闇の中に居た」と言っているのではなく、「あなたがたそのものが暗闇である」
といっているのであります。 「暗闇」とは何でしょうか。それは比喩であり、「悪」を指し示していることば
です。 また、「宗教的、道徳的な暗闇のことであり、罪によってもたらされるものです。暗闇は、神を信じ
ない人々を指しています(ローマ13:12−13、エペソ5:3−5)。」  
 闇の世の特徴は、ゆがめられた本能の現れであり、性秩序の乱れがその代表的なものです。そして、
その行き着くところが、不品行、汚れ、むさぼりという偶像礼拝なのであります。
パウロは「不品行、汚れ、むさぶり、みだらなこと、愚かな話、下品な冗談」(5:3−4)は、ことごとく不純
な性欲や肉の欲望から発するものであり、そのような行為から遠ざかるように命じています。もちろん汚
れたことばを口にすることさえ禁じているのです。  


今日、何と多くの偶像礼拝が教会に入り込んでいることでしょうか。しかも、私たちは偶像礼拝をしてい
ることさえ自覚できないほどに、霊的に麻痺した状態に落ち込んでいます。 当時のギリシヤ・ローマ世界
においては、性的不道徳は罪深い行為とはみなされていませんでした。性的行為そのものが宗教行事
と結びついていました。ギリシヤ人の世界では、愛の女神アフロディテの神殿には娼婦がいました。人々
は宗教と売春が結びついても、それらのことが悪いことであるとは思いませんでした。


2.暗闇から光へ  
 キリストに出会い、キリストの知恵と力によって心の中に光を照らされた者だけが、この暗闇の世界か
ら光の世界へと移されるのです。キリストの光に照らされて、人ははじめて、そうしたゆがめられた本能
の欲求が「口にするのも恥ずかしいことだ」(5:12)と理解するようになるのです。
 闇の世界に属する人々は、霊的に「眠っている人」であり、「死者」であります(5:14)。彼らは呼びさま
され起こされる必要があります。新しい命に目覚めさせられた人々は、キリストの光に照らされ、光の中
に移されることによって、はじめて、自分がかつては「暗闇」であったことを自覚するのであります。


3.光の子どもの祝福
  「光の中に生きる」「光となる」とは、なんとすばらしいことでありましょうか。そこには豊かに実が結ば
れる世界があります(9節)。また、光の子として生きることは、神の愛の中に生きることでもあります。
イエスさまが御自身をおささげになったほどに、私たちクリスチャンひとり一人を愛しておられるのであり
ます。 私たちはキリストの愛の中に、そして光の中に生かされているのです。


【 結 論 】
 私たちが愛と平安と喜びに満ちた人生を歩みたいと願うなら、新しい人を着なければなりません。
新しい人を着ることは、光の子どもとして光の中に生きることであり、本当にしあわせな祝福された生活
が保障されることなのです(エペソ5:7−10)。


ページTOPへ