HOME  牧師メッセージ

「勇気を出しなさい」 2007年11月4日


松下 信 牧師
使徒の働き22:30−23:11
 第3次伝道旅行を終え、エルサレムに戻ったパウロは、身をきよめて宮に入ることにしま
した。 彼が律法を軽んじているという噂が広がっていたからです。 しかし、そのきよめの
儀式が終わろうとしていた7日目に、アジヤから来たユダヤ人たちは、パウロが宮にいる
のを見て、ギリシヤ人を神聖な宮の中に連れ込んでいると誤解し、全群衆をあおりたて、
彼を捕えて殺そうとしたのです。 
ローマ軍の出動によって難を逃れたパウロでしたが、いま、ユダヤ人議会へ連れ込まれ、
大祭司などの面前で取り調べを受けることになりました。


1.自分の立ち位置を知れ(1−5節)
 パウロは議会を見つめて、こう言いました。 「兄弟たちよ。私は今日まで、全くきよい良
心をもって、神の前に生活して来ました」 (23:1)。 そこがユダヤ人の最高議会(サンヘド
リン)であっても、パウロは全く萎縮することなく、大胆にまた正直に、自分の思いを吐露し
ました。 
あなたは、自由を奪われ、命の危険を感じているときも、なお、大胆に「イエスさまを救い
主と信じている」と証しすることができるでしょうか。私たちは、いまどこに立っているのか、
どのような立場に立たされているのかを知り、自分のことをしっかりとわきまえて行動すべ
きではないでしょうか。 これが大人の姿であり、成熟したクリスチャンのあり方なのです。


2.相手の立ち位置を知れ(6−10節)
 パリサイ人は「死者の復活」を信じ、反対にサドカイ人は「死者の復活はない」と信じてい
たことから、パウロは「兄弟たち。私はパリサイ人であり、パリサイ人の子です。私は死者
の復活という望みのことでさばきを受けているのです」(6節)と叫びました。 
すると、議会は紛糾し、パウロの裁判は棚上げにされてしまいました。


3.主の立ち位置を知る  
 主イエスの立ち位置は、エルサレムという限定された地ではなく、全世界であります。
その視野も限られた地域に向けられているのではなく、全世界に向けられています。 
パウロに、宣教の扉が開かれていることを示されるために、その夜、主はパウロのそばに
立たれました。 彼の異邦人宣教師としての使命は、エルサレムで終わるのではなく、さら
にローマへと向けられ、拡大してゆくことを改めて示されたのです (23:11)。  
私たちは、常に目を上げて歩まないと、小さな自分の世界に閉じこもってしまう傾向にある
と思います。 主が求めておられることは、全世界に福音が宣ベ伝えられて、ひとりでも多
くの人々が主イエスを救い主として信じて救われることであります


【 結 論 】
 「勇気を出しなさい」と、主はパウロを激励しました。 おそらく、主はパウロが眠っている
ときに、心も体も疲れきって身を横たえていたときに、彼の枕元に立たれたのではないでし
ょうか。 「勇気を出しなさい」(イザヤ40:27−31、43:1−3参照)と、主はあなたにも語りか
けておられます。


ページTOPへ